メインイメージ
CoQ10 Navigater

加齢を実感したときに飲みたいコエンザイム

コエンザイムは国に健康食品として認可された栄養食品健康食品として認可された栄養食品です。
肉や魚、緑黄色野菜、豆類など色々な食品に含まれているものですが、食物の量に対して含有量がとても少ないという特徴があります。

人の体には1日におよそ150mg程度のコエンザイムが必要とされているのですが、これを食物から自然に摂取するには肉や魚を5キロ以上も食べないと足りない計算になります。
ちょっと普通の生活では考えにくい量です。

コエンザイムの働きは、体の中に取り入れた食物を、人が動くためのエネルギーに変換するという大切な役目です。
ということは、コエンザイムが足りないと、いくらものを食べても力にならず、どんどん体内に蓄積してしまうことになります。

体に良い食品をいくら食べても力が出ず、疲労感が抜けないと言う人は体内のコエンザイムが必要量に達していない可能性があります。

また、コエンザイムはそもそも食品では補いきれない成分であるにも関わらず、加齢と共に体内で生産できる量が減少傾向にあります。

眠い、だるい、やる気があっても体がついていかないなどの現象は中高年になると増えてくるものですが、加齢による疲れを感じることが増えてきたら、コエンザイムの摂取量を意識して増やす方がよいでしょう。
そのためにはサプリメントが効率的です。

コエンザイムは水溶性ではなく、油にしか溶けないという性質がありますので、サプリメントはたいていカプセルです。
食事中に数粒飲むことで1日の摂取量を補うことが出来ますので簡単です。

トップに戻る