メインイメージ
CoQ10 Navigater

コエンザイムはどんな食品に含まれているの?

コエンザイムQ10は毎日摂取し続ければ、健康で若々しい身体を手に入れることができます。

その理由はコエンザイムQ10には、細胞を酸化させない効果があるからです。
もともと体内で合成することができる栄養素なのですが、残念ながら20歳をピークにして、徐々に体内での合成力は低下していきます。

そのため、コエンザイムを含む食品やサプリメントで補給する必要があるでしょう。
ところでコエンザイムQ10はどんな食品に含まれているのでしょうか。
魚類ではイワシやサバ、肉類では豚や牛に含まれていますので、一日の食事のうち、魚料理や肉料理を必ず食べるとよいでしょう。

ナッツ類にも含まれているので、ピーナッツをおやつに食べたり、お浸しにくだいたピーナッツを入れてあえ衣にしましょう。

野菜では、ホウレンソウやブロッコリーに含まれているので、ホウレンソウのソテーや茹でたブロッコリーをサラダにして食べるとよいでしょう。
大豆にも含まれているので、豆の煮物や冷ややっこなどを毎日のおかずに取り入れましょう。

若い世代の方であればコエンザイムQ10は体内で合成される栄養素であるため、毎日の食事を少し気をつけるだけで、無理なく体内に必要なコエンザイムQ10を摂ることができます。
しかし高齢者になると体内での合成力が低下してしまうため、食品だけでは不足してしまいます。

そこで高齢者ほど、コエンザイムQ10のサプリメントを活用するとよいでしょう。
"

トップに戻る