メインイメージ
CoQ10 Navigater

歳をとるにつれて必要になるコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は体内で生成されるもので、私たちの活動力となるエネルギー産生に関わっています。
人間は食べ物を食べてそれを活動力にするのですが、その炭水化物やタンパク質、脂質などをエネルギーに変える行程で必要になります。
体内にコエンザイムQ10が必要な量だけあれば問題ないのですが、量が足りない場合はどのようになってしまうのでしょうか。
それは、脂肪として体内に蓄積されてしまいます。

コエンザイムQ10は、歳を重ねるとともに体内の生成量が減っていってしまいます。
年齢に伴ってどのくらい量に変化があるのかというと、心臓を例にあげると、20代がピークとなっており、40代になると3割が、80代になると半分が失われてしまいます。
その他の臓器でも加齢とともに減っていくことが確認されています。

では、コエンザイムQ10を飲むと体にどのような変化が起こるのでしょうか?体の中の様々な細胞がコエンザイムQ10を必要としているため、効果は一貫しておらず、いろいろなものがあります。
コエンザイムQ10をとった方がよく言うのは、疲れを前りも感じなくなったということや、物事に集中できるようになった、頭痛が少なくなったなどです。
また、コエンザイムQ10は、筋力アップやエネルギーの持続力にも効果があると言われています。

加齢と伴に減少していくコエンザイムQ10を、サプリメントで補って健康なからだを維持してはいかがでしょうか?

トップに戻る