メインイメージ
CoQ10 Navigater

コエンザイムとミトコンドリアの関係

若さの秘訣を生み出すことでも多くの女性たちから注目されているコエンザイムですが、コエンザイム(キューテン)とは私たちの身体のなかでどのような役割を果たしているのでしょう。

そして、コエンザイム(キューテン)が減少してくることで現れる影響をみていきましょう。
私たちの身体は37兆個もの細胞で成り立っているということは多くの人がご存知のことと思いますが、この細胞一つひとつに存在しコエンザイム(キューテン)は体内でエネルギーを産生しています。
エネルギーは糖質や脂質がもととなっています。

エネルギーに変換する器官は細胞膜の中に存在するミトコンドリアですがキューテンもこのミトコンドリアに近い場所でエネルギーの産生を行っていきます。
またこのキューテンは補酵素として酵素の働きを助ける役割を担っています。

補酵素はエネルギーを生成する際に必要な栄養素となりますが酵素とは結合せず遊離型として機能します。

ミトコンドリアがエネルギーを生み出す際、合成酵素の働きによりエネルギーへと変換される仕組みですがコエンザイム(キューテン)の補酵素を強化していくことによりミトコンドリアの生産エネルギーが活性化されるのです。

しかし、コエンザイム(キューテン)は年齢とともに減少していく傾向があります。
減少に伴ないミトコンドリアの働きも鈍くなり、新陳代謝の衰えからくる疲労や細胞サイクルへの影響による肌のハリやシワたるみなどの症状も現れやすくなってきます。

トップに戻る