メインイメージ
CoQ10 Navigater

コエンザイムQ10でエイズの発症を遅らせられる?

美容成分でおなじみ、「コエンザイムQ10」は化粧水やローションをはじめ、さまざまな製品として販売されています。
このコエンザイムQ10に、エイズ発症を遅れさせる力があるのかどうかについて今回は考えてみたいと思います。

コエンザイムは人間の細胞内にあるミトコンドリアの中に存在しています。
ここで生命維持に必要なエネルギーの95%を生産しているとされ、私たちは意識しなくても必要な時に必要なエネルギーを使うことができます。

全身の細胞内に存在するコエンザイムQ10は、エネルギー生産だけでなく老化や生活習慣病の原因となる活性酸素を減らす効果も確認されています。
そのため、エイズについても有効性があると言われており、研究が進んでいる段階です。

すでにエイズを発病した後の間者さんにコエンザイムを投与した結果、免疫機能を向上させる効果が確認されています。
そのため、エイズの疑いがあるが発病はしていない、という患者さんについても、発症を遅れさせることができるのではないかと言われています。

コエンザイムは身体の中で酵素の活動を助け、エネルギーを作り出す成分です。
すべての人に有用であることは間違いありませんから、食事やサプリメントなどから積極的に摂取したいところです。
しかし、残念ながらコエンザイムは薬ではないので、必ずエイズを予防する、遅れさせる効果があると断言することはできません。
しかし少なくとも狭心症やパーキンソン病など、完治が難しい病気にも有効にはたらくことが分かっているので、医療が発展すればエイズをはじめとする免疫系の病気や、それ以外のさまざまな疾患の治療に使うことができ
るようになるかもしれません。

言うまでもなく、コエンザイムはアンチエイジングに有効な抗酸化成分です。
いかにも女性が喜びそうな、美容のための成分と勘違いされがちですが、年齢・性別問わずすべての人に適しています。
エイズも含め、病気を治す可能性を持つ、有用な成分なのです。

エイズの方は免疫力維持のために
http://xn--2ck2dtaci4ge0120e7jxb.com/で紹介されているローヤルゼリーを服用している方が多いそうです。

トップに戻る