メインイメージ
CoQ10 Navigater

コエンザイムQ10は糖尿病予防ができる?

コエンザイムQ10が糖尿病予防になるかどうかについては、有効な改善傾向を示したということですでに糖尿病学会で発表されています。
もともと心臓疾患の薬として用いられてきたこともあって、コエンザイムの活性作用には世界中から注目が集まっていました。
しかし今回、実際の糖尿病患者の協力を得て臨床試験を行った結果、血糖のバランスが改善され、あらためてコエンザイムの有効性が確認されたのです。

そもそもコエンザイムQ10には、「酸化型」と「還元型」の二種類があります。
前者は文字通り酸化してしまったコエンザイムのことで、若く代謝が活発な方ならば体内で有効にはたらくのですが、高齢者やストレスを抱えている方、何らかの病気にかかっている方にはごくわずかなメリットしか得られ
ません。
安価な製品やどこででも手に入るコエンザイム製品には、この酸化型コエンザイムが使用されている場合がほとんどだと言われています。

後者の還元型は、株式会社カネカが世界で初めて開発した型のことで、摂取したらすぐにコエンザイムが臓器をはじめとする身体の各所で力を発揮してくれます。
我々人間の体内にも元からコエンザイムは存在していますが、9割が酸化型ではなく還元型であると言われています。
つまり、還元型コエンザイムを摂取するということは「生きたアンチエイジング成分」を直接体内に摂りいれるということになり、糖尿病のような治しにくい疾患も徐々に改善へ導いてくれます。

もちろん糖尿を発症しないよう予防のために摂取することもできるでしょう。
しかしながら、糖尿病を発病するおそれのある方にとって一番大切なことは生活習慣の改善です。
還元型コエンザイムをたくさん摂れば絶対病気にならないかというとそうではなく、不安であれば医療機関を受診し、血液検査や食生活についてのアドバイスを受けるなどの対策を取りつつ、コエンザイムを摂取することがもっとも望ましい方法です。

食生活の乱れている方には、栄養価の高い青汁をおすすめします。
現代人の食事には野菜が足りていない状況で、野菜不足が問題になっているほどです。
なので毎回の食事に青汁をプラスしてあげることでバランスの良い食事ができるようになるわけです。

青汁を飲めば野菜を一切食べなくて良いというわけではありませんが、青汁は野菜からできている健康食品なので外食が多くてなかなか野菜がとれない方のサポートをしてくれます。
青汁製品は粉末タイプやサプリメントなどいくつかありますので、自分の生活リズムに取り入れやすい製品タイプで始めてください。
自分に合った青汁探しにはこちらのサイトをご利用ください。

また、既に心疾患によりワーファリンを使用している方についてはコエンザイムとぶつかってしまう危険性があるため、医師の判断を仰いでからサプリメントなどを利用する必要があります。

糖尿病にはプラセンタ注射での治療も効果的です。
他にもローヤルゼリー
http://xn--2ck2dtaci4ge6603l.net/も効果があるそうです。

商品を通販などで購入する場合には、クレジットカードhttp://xn--lckeeg1b4d9aj20aya7fb6i5910cje3bf5xa2o7b625g.com/がおすすめです。
マイルやポイントが貯まるので、お得ですよ。

トップに戻る