メインイメージ
CoQ10 Navigater

コエンザイムQ10はどんな成分で出来ている?

アンチエイジングに効果があると言われる「コエンザイムQ10」。
女性を中心に注目を集めていますが、コエンザイム自体はどんな成分で出来ているのでしょうか。

コエンザイム自体は体内にも存在する成分そのものですので、コエンザイムに配合されている成分というものはありません。
身体の中の細胞内に多く存在し、アンチエイジングや抗酸化作用など生活習慣病を予防する効果があるといわれています。
また、血液中に入って高脂血症などの疾患を引き起こす活性酸素を減らしてくれる効果もあるので、コエンザイムを摂取することは将来の健康のためにも非常に有用です。

このコエンザイムを安心して摂取するためには食品から摂ることが一番なのですが、残念ながら食品にはわずかな量しか含まれておらず、一日の必要摂取量に達することはできません。
そのため、食べ物にプラスしてサプリメントを経口摂取し、補う必要があります。

現在市販されているコエンザイムのサプリメントは、純粋なコエンザイムのほかにβカロチン、ビタミン群、葉酸などが含まれている場合があり、サプリメントの場合人工的に化学合成された製品が主流となっています。
コエンザイムを抽出するにはサトウキビなどを原料として用いますので、安全性に関しては問題ありませんが、一般的に化学合成したコエンザイムは食品からそのまま摂取するコエンザイムよりも効果が低いと言われていま
す。

ちなみに、体内への吸収率が高いコエンザイム製品も発売されています。
それらを見極めるにはまず自然由来の原料を使っていること、コエンザイムの含有量が多い(もしくはきちんとパッケージに明記されている)ものなどがあります。

健康のため毎日摂取するものですから、できるだけ安全なサプリメントを使用したいところですね。
また、化粧水やクリームなど肌につけるタイプのコエンザイム製品は、コエンザイム以外に保湿成分やビタミン、ミネラルなどが配合されています。

トップに戻る